全国111,550の看護師求人情報を掲載中

看護師の転職を成功に導く!職務経歴書の書き方

看護師の転職ではあまり一般的ではない職務経歴書ですが、企業が設立した病院など一部で提出を求められることがあります。
履歴書には、あなたのプロフィール、学歴・職歴、所有資格などを主に記載します。そして職務経歴書には、あなたがこれまで看護師としてどんな業務を経験してきて、どんなスキルがあって何ができるのかを詳しく書きます。中でも特に評価してほしいところは詳しく説明するなど、自分の強みをアピールできるように工夫するといいでしょう。採用担当者は、あなたが即戦力として活躍できる看護師かどうかを判断するため、実務経験やスキルを詳しく知りたがっています。
職務経歴書は看護師としてのあなたを写す鏡なので、これまで積み重ねた経験や得意な看護技術を存分にアピールし、自分を売り込みましょう。職務経歴書の書式は原則自由。コンビニなどで買える市販のものでもいいですし、パソコンで自作してもOKです。

職務経歴書の項目ごとにポイントをチェック

日付

職務経歴書を「記入した日付」ではなく、「提出する日付」を記入します。
郵送するなら差出日、面接の際などに持参するなら当日の日付を記入します。

Check

職務経歴書作成時点で差出日や面接日が不確定の場合は、判明後に履歴書に書くようにしましょう。(くれぐれも書き忘れないように!)

年号は和暦(昭和・平成)で職務経歴欄、履歴書とそろえて書きましょう。

職務経歴

職務経歴書の職務経歴欄には、あなたのこれまでの勤務先、配属先、ポジション、携わってきた業務とその期間、所有する専門知識やスキル・経験、どんな評価を受けてきたかなどを時系列で記載します。勤務先の正式名称や診療科目、規模などの基本情報に続けて、あなた自身が経験してきた業務、そしてそこから学べたことや今後どうしていきたいかまでを具体的に書きましょう。業務の内容については「○○に配属」「○○を担当」「○○に従事」など、原則として体言止めにし、1つの文章を短くすると読みやすくなります。取得した資格や配属先、担当業務など一目で分かるように、情報をきちんと整理して明記することがポイントです。

Check

業務に直接関係のない経歴は不要です。

看護研究、業務改善、リーダー業務などアピールできる経歴は優先して記載しましょう。

年号は和暦(昭和・平成)でそろえて書きましょう。

法人の正式名称は略さないように注意しましょう。

×県立~大付属病院→◎千葉県立~大学付属病院 など

職務経歴書の職務経歴の記入例

免許・資格

取得した年月と、免許・資格の正式名称を記入します。
看護師免許を書くことをお忘れなく!
その他は仕事にかかわるものを記入し、業務に関係のない趣味的な資格は「趣味・特技」の欄に書くようにしましょう。

Check

免許や資格は略さず正式名称を書きましょう。

×自動車免許→普通自動車第一種運転免許 など

年号は和暦(昭和・平成)でそろえて書きましょう。

志望動機

あなたの意欲と熱意を具体的に採用担当者に伝えられる志望動機の欄は、職務経歴書の中でも特に重要な項目です。
空欄は当然NGですが、「貴院の理念に共感したため」といった抽象的な理由や、どこかで聞いたような言葉の丸写ししただけのものも低い評価を受けてしまいます。応募先の病院についてしっかりと調べ、どのような看護を実践していて、どういった点に魅力を感じたのかなどを、あなたの志向、経験と結び付けて書くようにしましょう。

自己PR

職務経歴書の自己PRの欄は、あなたがどんな人物で、どんな看護師なのかを採用担当者にイメージさせ、「会ってみたい!」と思わせるための項目です。
事実を羅列しただけであったり、「協調性がある」「忍耐力がある」といった抽象的な言葉だけでは不十分。実際のエピソードを交えて長所をアピールしつつ、転職後の職場でどのように活かすことができるのか、どんな看護師になっていきたいのかなどを具体的に書くようにしましょう。
くれぐれも「旅行好きで今まで○カ国を周りました」「得意料理はロールキャベツです」…など、仕事に関係のないことは書かないこと!